漆(うるし)刷毛

漆(うるし)刷毛本通し

わが国での刷毛の原型になったとも言われる「うるし刷毛」

わが国に仏教伝来後、各地に寺院が建てられた際、仏像や美術用具に漆(うるし)を塗るために使われていました。
その形は、基本的に当時のままのものが受け継がれています。

漆(うるし)刷毛本通し

漆(うるし)刷毛本通し


うるし刷毛はまるで鉛筆の芯のように先端から柄尻まで毛が入っています。
まるで、鉛筆を削るように刷毛を削りながら使います。

(品番横の*印は別注品につき、納品までに約1ヶ月かかります。)
品番 サイズ 厚み 毛丈 価格 ご注文
198003 3分 1mm - 2,000円+消費税
198005 5分 2mm - 2,400円+消費税
198008 8分 3mm - 2,800円+消費税
198010 1寸 3mm - 3,400円+消費税
198012 1寸2分 3mm - 4,500円+消費税
198015 * 1寸5分 3mm - 6,000円+消費税
198018 * 1寸8分 3mm - 8,000円+消費税
198020 * 2寸 3mm - 10,000円+消費税
(品番横の*印は別注品につき、納品までに約1ヶ月かかります。)

漆(うるし)刷毛本通し極上

漆(うるし)刷毛本通し極上

漆(うるし)刷毛本通し極上


お急ぎの場合は在庫の確認をお願い致します。
こちらの刷毛は受注生産となっておりますので、在庫がない場合、お届けまで約1ヶ月お時間を頂いております。
品番 サイズ 厚み 毛丈 価格 ご注文
198101 1分 1mm - 3,600円+消費税
198102 2分 2mm - 4,200円+消費税
198103 3分 2mm - 4,600円+消費税
198105 5分 3mm - 7,000円+消費税
198108 8分 3mm - 10,100円+消費税
198110 1寸 4mm - 12,900円+消費税
198112 1寸2分 4mm - 14,500円+消費税
198115 1寸5分 4mm - 18,800円+消費税
198118 1寸8分 4mm - 23,200円+消費税
198120 2寸 5mm - 28,000円+消費税

毛質は昔から人毛が使われています。
なぜ人毛???

漆職人さんが使用されている本物は、全長が200ミリから250ミリ程度あります。

うるし刷毛はまるで鉛筆の芯のように先端から柄尻まで毛が入っています。
まるで、鉛筆を削るように刷毛を削りながら使います。

なぜ人毛なのかと言うと、全長250ミリのうるし刷毛の板に挟む為の人毛に代わる長い毛が無いのです。

あるとすると、馬の尻尾の毛です。
しかし、毛が太過ぎて漆を塗るのには刷毛目が立ち過ぎて不向きです。

髪の毛は意外と細く、刷毛目も立ちにくいのです。

また漆を塗っていく上で、途中で刷毛の毛が抜ける事はどうしても避けたい事です。
先端から柄尻まで一本物の髪の毛を束ねて糊漆で固めているので、毛が抜ける心配はありません。

うるし刷毛の材料に使う人毛は昔から海女さんの髪の毛が良いとされています。
海水にさらされ、適度に油気が抜けたものが漆の含みが良いようです。

しかし、現在では、ほとんどが中国からの輸入にたよっています。

また、漆刷毛の職人さん、漆塗りの職人さんの数も減少しています。

古くから受け継がれた伝統をいかに守っていくか、我々に課せられた課題です。

※表示価格は税抜き価格です。
※送料はご購入合計金額(税抜)が2万円以上の場合不要です。
※1本単位での販売となります。
※材料の高騰により、平成21年1月より価格が大幅にアップします。
値上げに伴う受注過剰の為、生産が間に合わず在庫なき場合は 納期が相当日数かかりますので、早めのご注文をお願い致します。
納期はご注文時にお知らせいたします。
 

漆(うるし)刷毛本通し極上 80粍 現品限り 限定品

税込価格 84,240円 (本体価格 78,000円)

在庫1本限りの限定品です。お電話でお問い合わせ下さい。
次回以降のご注文につきましては、お見積もり致します。

漆(うるし)刷毛本通し極上 80粍